「H360」は、バイポーラ・トランジスタのプッシュプル出力ステージから生み出されるパワフルな出力250W+250W(8 Ω) と大型トロイダル電源トランスを備えた強力な電源部により、ハイスピード、広大なサウンドステージ、スムーズかつ高解像なサウンドを提供します。

フロントパネルのボリュームノブは、ボリュームの変化量検出に使用され音楽信号は通過しません。その変化量をマイコンが把握し、高精度電子ボリュームアッテネーターを動作させます。

使用される高精度電子ボリュームアッテネーターは、2013 年ノーベル物理学賞受賞の欧州原子核機構(CREN)によって開発された素粒子(ヒッグス粒子)検出の為の非常に高精度且つ静かな検出技術を応用し、HEGEL 社においてボリュームアッテネーターとして機能する様再設計されました。

Hegel 独自の特許技術”Sound Engine” は、フィードフォワード補正回路によりリアルタイムに出力ステージの歪成分を確実にキャンセルし、実際の音楽信号の再生におけるクロスオーバー歪みを劇的に減少させ、入力された信号を劣化させずにありのまま伝送します。その結果、アーチストの意図するかすかな雰囲気までもより自然に細部まで醸し出します。

DualAmp Technology(デュアルアンプ テクノロジー)は、一般的なアンプでは、電圧ゲインステージと電流ゲインステージは同一のアンプモジュールとして設計されます。Hegel 独自のDualAmp Technology では、これら2 つの電圧/ 電流ゲインステージは、完全に独立した異なるなるステージとして専用設計されています。音楽信号は、最初に電圧ゲインステージに伝達され、その後電流ゲインステージへ伝達されます。電流ゲインステージは、スピーカーへの大電流を供給する役割を担っています。2 つのステージを分離させる事により、そのスピーカー駆動の大電流に起因する、電圧ゲインステージの敏感なパーツへの影響を防いでいます。電圧ゲインステージの出力は、電流ゲインステージの入力へ接続されていますが、フィードバックはかかっていません。DualAmp Technology により、更なる低歪み率と高ダイナミックレンジ特性を実現しています。

192kHz / 24bit、DSD64/128 対応のDAC を搭載。 同軸、光、USB、Ethernet の豊富なデジタル入力を装備。
USB 入力は、192kHz / 24bit 対応、DSD64/128 対応
(WindowsRPC での96kHz 以上のハイサンプリングレート再生は、専用ドライバーのインストーが必要です。)
(DSD 再生には専用ドライバーのインストールが必要です。) 
同軸、光、Ethernet 入力は、192kHz / 24bit 対応。 

Ethernet 入力端子(RJ-45)により、AirPlay / DLNA のネットワーク再生に対応します。

「H360」の入力ソース切替およびボリュームコントロールは、コンパクトな付属RC8 リモコンでコントロール可能です。またUSB 接続の場合は、コンピューター上のプレイリスト再生でプレイ/ スキップ/ ポーズを付属リモコンで操作できます。

本機のフロントパネルは緩やかなHEGEL 曲線に切削された無垢のアルミニウムの表面に微小なガラスビーズによるショットピーニングブラストを施し表面硬度を上げ、独特の美しい風合いを持つブラックアノダイズ仕上げです。

製品仕様
最大出力: 250W + 250W(8 Ω)、420W + 420W(4 Ω)
アナログ入力: XLR バランス1 系統
RCA アンバランス入力1 系統
RCA シアターパススルー入力1 系統
アナログ出力: RCA2 系統(固定/ 可変)
デジタル入力: 同軸1 系統、TOS 光3 系統、USB1 系統、
デジタル出力: 同軸1 系統
Ethernet 入力: 1 系統(RJ45)
スピーカー出力: 1 ペア バインディングポスト
周波数特性: 5Hzから180kHz
S/N 比: 100dB 以上
クロストーク: -100dB 以下
高調波歪率: 0.01% 以下(100W、8 Ω、1kHz)
混変調歪率: 0.01% 以下(19kHz + 20kHz)
ダンピングファクター: 4000 以上(main power output stage)
外形寸法: 430mm(W) x 150mm(H) x 380mm(D)
重量: 25.0Kg

HEGEL関連製品から



高い素材 H360 プリメインアンプ ヘーゲル HEGEL-プリメインアンプ

一覧