KMS 105は、ボーカリストの声を最適な形で伝えるために開発された、ステージユースのコンデンサマイクロフォンです。
低セルフノイズでクロストークが少ないため、インイヤ式のモニタリングシステムでの使用が理想的です。KMS 104は、背面から来るサウンドを可能な限り抑えるカーディオイド特性です。一方、スーパーカーディオイド特性を持つKMS 105は、マイクの背面半径180°からのサウンドを抑えます。ユーザーは、特定のアプリケーションに対して、適するバージョンを選択できます。
多くのハンドヘルドマイク(ダイナミックカプセル)と比べると、KMS シリーズは広い周波数レンジ、高い高解像度が特徴です。各マイクには、ハイパスフィルター(120Hzのカットオフ周波数、-3dB)を内蔵し、ダイナミックレンジは132dB、最大音圧は150dBです。

●Acoustical operating principle:Pressure gradient transducer●Directional pattern:Cardioid/supercardioid●Frequency range:20 Hz ... 20 kHz●Sensitivity at 1 kHz into 1 kohm:4.5 mV/Pa●Rated impedance:50 ohms●Rated load impedance:1 kohms●Equivalent noise level, CCIR *1):28 dB●Equivalent noise level, A-weighted *1):18 dB-A●Signal-to-noise ratio, CCIR *1) (rel. 94 dB SPL):66 dB●Signal-to-noise ratio, A-weighted *1) (rel. 94 dB SPL):76 dB●Maximum SPL for THD 0.5% *2):150 dB●Maximum output voltage:12 dBu●Dyn. range of the mic. amplifier (A-weighted):132 dB●Supply voltage (P48, IEC 1938):48 V ± 4 V●Current consumption (P48, IEC 1938):3.5 mA●Matching connector:XLR3F●Weight:approx. 300g●Diameter:48mm●Length:180mm
*1) according to IEC 60268-1; CCIR-weighting acccording to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS
*2) measured as equivalent el. input signal
●付属品:マイク本体、スタンドクランプ SG 105、ナイロンバッグ

【 メーカー在庫依存商品 】
※メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(メーカー在庫品・平日受付時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。売り切れの際はご了承ください。

新品?正規品 Neumann 【送料無料】 KMS105 マイク ノイマン-マイク

一覧

新品?正規品 Neumann 【送料無料】 KMS105 マイク ノイマン-マイク

NEUMANN/TLM 102 NI

新品?正規品 Neumann 【送料無料】 KMS105 マイク ノイマン-マイク

書影:ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかる CSS基礎ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかる CSS基礎

YAMAHA LC -MONTAGE8H

HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。