1966年に有名なリコーダー製作者のフリードリヒ・フォン・ヒューネ氏(アメリカ、ボストン在住)は、ヨーロッパの博物館に保存されているオリジナルのリコーダーのほとんどすべてを、演奏して調査する機会を得ました。
この時の研究から生まれたのが、ジャン・ヒアシント-ヨゼフ・ロッテンブルク(ブリュッセル、1672-1756)作の楽器をもとに、モダンピッチに調律して製作されたメック-ロッテンブルク・バロック・リコーダーです。
このリコーダーは、どんなレパートリーにも使える本当のオールラウンドであり、激しい使い方をした後でも、吹きやすく頼りになる楽器です。

■ピッチ:A=442Hz
■材質:メイプル
■運指:バロック式
■セミハードケースつき
※付属:掃除棒、掃除布、ジョイントグリス(ワセリン)、保証書、取扱い説明書、運指表

【良好品】 4200 独奏用/ソプラノ ロッテンブルグ moeck/メック・木製リコーダー-ソプラノリコーダー

一覧